狐につままれた経験だった、そんな言葉を使ってもいいんじゃないかって関係でした。
北川景子とセックスをするはずだったのに、自分の前に現れたのは完璧なまでの久本雅美似のブス女、あまりの落差に冷静な判断をすることさえできなく、ボーっとした状態でラブホテルに入る事になってしまったのです。
これが悪夢の始まり、そう言っても過言ではなかったと思います。
相手はさっさとシャワーをしてバスタオル姿で出てきて、ベッドで自分を誘ってきます。
いざ濃密なセックスを始めるつもりだったのに、なんとすぐに挿入を求めてくるのです。
コンドームつけてオマンコに突っ込んで射精して、相手はまたシャワーをして「約束の2万円」と言い出したのでした。
「あれ?ただまんじゃねぇの?」って頭の中でまたも?が点灯したのです。
セックスしても相手は声すら出してくれず、表情さえ変えてくれなかったのです。
むちゃくちゃ無味乾燥なセックスが終わった途端に金銭を要求される、ちゃんと掲示板にかいたから支払わないと仲間を呼ぶなんて言うんですからね。
散々の思いをしてホテルをあとにしたのですが、何とこの時間が30分足らずだったのです。
こんな味気ない時短セックスをしたのは初めてのことでした。
なにが何だか分らない、セフレアプリで知り合って奇麗な女の子のオマンコに突っ込むはずだったのに、ブスとをホテルに入って燃え上がらない挿入をしただけの関係でした。
オナニーの方が絶対に気持ちいい、こんなせふれなら作る必要がないって感じでした。
釈然としない関係を作ってしまったことが、何とも言えなく嫌な気分で同僚に今回の関係を話てみることにしました。
すると彼の口から飛び出したのは「援デリに引っかかったんだな」でした。